不動産屋に騙された!裁判も辞さないと対抗した件

今年一番腹が立ったことは借りていた物件の契約が満期になり、出ていく事になっていたのですが最初に払った保証金が戻って来ないと言われた時に適当な嘘をつかれた事です。最初の話では電気代やガス代を未払いで出ていった場合にそこから払いますと言われていた分で、問題なければ全額返金しますとの事でした

改装に関しては随時大家さんと話し合って許可を取っており、問題はなかった筈でした。また、私が出た後は既に売却が決まっており建物は壊す事になっていると周りの人間から聞いていました。その都度文書にしておけば良かったのですが、会話だけで済ませてしまったので後の祭りです。

嘘というのは、私が改装した部分を元の通りに直さないと次の人に貸せないから補償金は戻せないとのことでした。勿論電気代、ガス代、水道代は全て自分で支払いに行ったのですが、がめつい大家さんだったのでちょっとは揉めるかなと思っていたら案の定、返せないと言われました

交渉して半額は戻して貰ったのですが、そのあと家の中や外の余所で使えそうな部分を持ち帰った様で直すどころか、さっさと取り壊されていました。たまに大家さんを見かける事がありますが、普通に笑いかけてくる神経が信じられません

27歳の頃から眼精疲労に悩まされています。疲れが溜まってくると眼の奥の方が痛くなり、肩こりと頭痛が酷くなります。痛みのせいで寝付きも悪く、翌日も痛みは残っています。

横になって眼を閉じて目枕をのせていると少し症状は和らぎますが、同じ姿勢をずっと保つのもかえって疲れます。また、起きて机の前に座っている時が特に眼の奥と頭が痛くなるので事務作業をするのがしんどいです。

医者やマッサージに行ってももっと普段から運動をするようにしてくださいと言われますが、なかなかそれも難しいので痛み止めと湿布で症状をまぎらわせてます。一番困るのは仕事中に集中したいときに集中力が持続しなくなる事です。

特にパソコンの画面と向き合うときに落ち着かなくていつもより余計に時間がかかってしまいます。かといって痛み止めを飲んでしまうと頭がボーっとしてしまい仕事に支障が出るので湿布で肩こりの症状だけを誤魔化して頭と眼の痛みは我慢したり、少し席を外して肩と首のストレッチをしたり眼を押さえて冷やしたりしています。

また、湿布をよく使うので外出時に湿布臭くなるのもなんとかできたらいいなと思います。普段予防するための対策は特に何もしていませんが、症状が出てしまったときには以下のように対策しています

まず、眼の奥の痛みには横になった時に目枕という目の上にのせるハーブの香りの枕を使っています。少し重い物を乗せていると楽になるような気がしています。

次に肩凝りの症状については肩と首の後ろに痛み止め用の湿布を貼ることで症状を和らげています。2日程続ければ効果が出るのか凝りが楽になります。頭痛と眼の痛みには症状が酷い時だけですが痛み止めとして鎮痛剤を飲みます。これだけではなく、リョウシンjvという医薬品も使っているのですが、やはり鎮痛剤ほどの即効性はありません。

しかし、合わせて使う事は将来的には良いのかなと感じています。

ロキソニンを飲むことが多いですが、きらしている時等はアスピリンを飲んでいます。どれも多少の効果は感じていますが、全て対症療法なので原因をなんとかできればいいと思います。

-未分類